ご訪問ありがとうございます。
当ブログはFF14を中心としたMMOの二次創作ブログです。

二次創作・独自の設定・百合等が含まれます。苦手な方はご注意ください。



170828_01.jpg

2017年01月01日

料理とか

FF14の料理はどれもおいしそうですよねー。
個人的に料理がおいしそうだといろいろ妄想が捗る。それだけ人間の生活と料理は切り離せない関係にあるってことなんでしょうね。
新しく描いたら上に追加していきます。
170828_01.jpg170828_03.jpg170828_02.jpg
170420.jpg
170403-2.jpg170403-3.jpg
posted by uta at 00:00| Comment(0) | 料理

スカアハ様とか

人気のあるNPCはイメージを壊したくないのでなるべく描かないようにしたいと思っているのですが……
スカアハ様がグッドデザインすぎて……モフモフ…



なのでスカアハ様好きな方の閲覧は自己責任でお願いします。


新しく描いたら上に追加していきます。








170521.jpg
ロドストである方が書かれていたララフェル幼稚園の日記を読んで妄想が止まらず…
スカアハ様はあれで子供の扱いとか上手かったらたまりませんね





170422.jpg
「影よ…影よ…」で背中から手が出てくるところが エロい かっこいいと思います。




170403.jpg
手が禍々しいので逆に本体が美しく見えるのがたまりませんね。影の女王はギャップの女王でもあった…




170322.jpg
この座り方にノックアウトされた方も多いはず…w



posted by uta at 00:00| Comment(0) | モンスター

2016年12月30日

日本語・英語のちょっとした違い

161230.jpg

星芒祭のコスチュームがかわいいですねー。
コスプレっぽ過ぎない上品さがあって、本当にFF14の衣装のデザインは良いのが多い。
自キャラは肌色が濃いのでかわいい系の服はあまり似合わないのですが、街中で他の方のキャラを見て喜んでます。

お話も気持ちが温かくなるような内容でよかったですね。
そしていろんなNPCのサンタ衣装が見れてしまうオマケ付き!
個人的にヤシュトラのサンタが良かったです。

最初は自キャラの性別で出てくるNPCの性別が変わるのか?という煩悩丸出しの予想をしてたんですが全然違うしw
自分はまだウルダハ・ゴールドソーサー・珍しい怪物の話しか出来ず、あまりいろいろ見られなかったのが残念。


ところで、FF14は日本語と英語だと微妙に表現が違う箇所があるのをご存知でしょうか。

一番いい例がドラゴンヘッドにいる格好イイ騎士の台詞。英語でも前半は同じですが後半はまったく普通の表現になってます。
どうも際どい表現・デリケートな話題などは英語だと変更されるみたいですね。

今回の星芒祭だと、例えばヤシュトラが歳をごまかすジョークは英語だとありません(たぶん。ここ英語が難しくて何言ってるのかよく……w 分かる方教えてください…)
かわりにリボンの話が少し詳しくなってるようです。
来年の星芒祭はリボンつけたヤシュトラさんを期待してます吉d


全体に英語の方が説明は詳しくて、英語のあとで日本語を読むと、「え、それだけ?」と感じます。
読むのにかかる時間が10倍〜100倍くらい違うのでそのせいもあると思いますが、言語の仕組みとか文化の違いもあるのかなあ。

個人的に今回の星芒祭でいちばん違いが際立って感じたのは、デイリーイベント初回の最後にダミエリオーが話す内容です。日本語だと彼が入ってきたときの足音に勘違いしたのかも、で終わりですが英語だとそのあとにちょっと気の利いた一文があります。


興味のある方は見てみてはいかがでしょうか。
オンライン辞書があれば怖くない!
posted by uta at 08:11| Comment(0) | プレイ日記

MMOネタ二次百合小説

MMOの二次百合小説がほんと大好きで、自分でも書いたやつを置いておきます
増える予定は今のところありません


当時まだLv9でウルダハから出てなく、FF14の知識ほぼゼロで書いてました
途中のダンジョンの描写とかもはや別ゲー…
フランという名前は12のウサギの人とは何も関係ありません
名前だけ パクった お借りしました

Pixiv版 / HTML版

百合ッテ大好きだけど、SSが美しすぎて想像の余地があんまりない




むかーしやってたLineageというレベル上ゲーネタ
初めて触れたMMOで、システム自体は神ゲーだった…
運営方針の失敗で一気に過疎った印象

HTML版

グラフィックは荒削りな2Dで、あれくらいの方が二次創作はやりやすかったなぁ
posted by uta at 00:00| Comment(0) | 百合小説

2016年12月28日

早朝にINしたら

リムサのリテイナーベルの所に立ってたんですが、すぐ後ろにオレンジのネームが。

1年ほど前にFCに誘ってくれたついでにフレ飛ばしてくださった方でした。
普段だと遠くにフレさんを見つけた場合、

「どうする?行って挨拶するか?」「気付かないフリをして通り過ぎるか?」

みたいに悩んだ挙句に勇気を出して挨拶しに行くんですが、ログインしたら横にいたという状況はそれができ
ません。

「ログイン後まだ画面が表示されてないことにして今どうするか考えよう」

などと自分が悩んでいたわずかな時間の間に手を振ってくれたので振り返し。
珍しいミニオンを連れてたのでそれについて少しだけ話をしました。設定本に付いてくるミニオンだそうです。ときどき座って本を読んだりしてて動作が細かい!

次にお会いしてお話しするのはいつだろう。
相手の方はどうだか分からないけど、個人的にこういう、すれ違った時にちょっと話すだけ。絡みなんかないに等しい。でもそんなに気まずくならない、みたいな関係ってけっこう心地いいなと思った朝でした。

今日明日で仕事納めの方も多いと思います。
ラスト頑張りましょう!
posted by uta at 07:27| Comment(0) | プレイ日記