ご訪問ありがとうございます。
当ブログはFF14を中心としたMMOの二次創作ブログです。

二次創作・独自の設定・百合等が含まれます。苦手な方はご注意ください。



170420.jpg

2017年07月17日

熱帯夜

170717.jpg






熱源になるPCはつけたくないけども
INすればあいかわらず砕氷戦で遊んでます。



白い雪原が涼しげでいいですね…(見た目だけ



このところ、1試合あたりの経験値減った?(特に負けたとき)
と思ってはいたんですが、

clip_04.jpg

やはり変更がきていたようです



これはなあ…


賛否両論あるとは思いますが、


PVPはPVEと違って半分以上が負けるので、負けた側も美味しくないとダメ
だと思うので個人的には反対デス


勝った側の追加報酬は勝ててうれしいという気持ちだけで十分じゃないですか
経験値に差がなくたって皆勝ちたいと思ってやってるわけで、
そこにわざわざ報酬の差をつける意味なし

しかも負けたときの報酬が減った量が大きくて、
勝ったときの報酬は増えてるのか…?微妙なレベル


どうせ皆どんどんカンストするんだから
経験値くらいケチらなくてもいいじゃないかと思いますけどね…







そんな砕氷戦

タンクでいってるとヒラがいないときも結構あったので
白を30にして自分でも出せるようにしてみました


で、やってみたところまずタゲ合わせがムズい
タンクの比ではない

タンクは基本的に一番近い敵をターゲットしてればいい場合が多いので
タゲ合わせようのボタンが1つか2つでいい

ヒラはHPが減ってる人をタゲらなきゃいけないわけで、しかも皆ウロウロ動くのでなかなか合いませんw
せめてパーティーメンバー限定で近い順タゲとかあればいいんですが…
結局パーティーもアライアンスもリストからクリックしてタゲってます。

でもリストのHPバーとキャラ頭上のHPバーって微妙にズレてますよね
クリックしてみてこの人じゃねー!となることが度々…




そんなことやってても、たぶんヒラの方が役に立ってそうなのがびっくり
ヒラをやってみて初めてアシストターゲットというものを知ったんですが、

タンクのとき、自分が殴った敵にDPSの人はタゲ合わせてくれてる

という当たり前の事実にそこから気がつきました
今までの自分はタゲが合った相手を適当に殴ってましたが、むしろ殴る相手を決めてからタゲを合わせないといけないという、これまた当たり前のことを意識するように。


やったことのないロールから学ぶことは多いですね…




ffxiv_20170705_202322.jpg

そして白魔道士のジョブクエ担当がラヤオセンナちゃんなのが素晴らしい。
ナイト担当はなんかよく分からないおっさんなのに


序盤では相当気合が入った女性NPCの1人じゃないでしょうか
服も特別っぽいし、左側に後れ毛があったりしてカヌエ様より細かい

この強気で賢そうな感じがたまりませんね…

まぁFF14の女性NPCはたいてい強気で賢そうだけど



そして弟の顔の向きがなんか意味ありげに見えてしまうのは自分だけだろうか…
posted by uta at 19:38| Comment(0) | 百合(単発)

2017年06月04日

960日目のLv50


170604.jpg





いやー長かったw

といっても調理師のLv50なので、ストーリーはぜんぜん進んでないのですがw



でもこれで楽しみにしていたミラプリができるしアパートも借りられる
やっぱり家は欲しいですよねー何らかの形でね

ゲームなので寝に帰ったりするわけでもなく
特にアパートなんかわざわざ居住区の隅まで行くのそのうち面倒になるだろうと思わないでもないんですが、

やはり妄想の中には家が欲しい
そして妄想の中に登場するものには実際に触れてみなければ…!

まあ冒険者の寝泊りする場所というと、いちばん自然なのは宿なのかなという気もします
自分が百合好きになったのは昔ラグナロクオンラインの二次小説を読んでからなんですが、
ROの二次百合小説は宿が上手に使われてる作品が多かったなあ…

保管庫にあった小説を夢中になって読み漁ってた時期が懐かしいw
今はFF14に限らず、MMOの二次百合ジャンル自体が激減してしまって寂しいですね…





さて、
話は変わって、ストーリーを進めていない自分は普段あまりIDに行かないのですが

LSの方にレベルレ等誘ってもらったときだけは下手くそなタンクで出撃しています
4.0までに30でジョブにしておきたいし
普通なら4人くらいLS内で集まるのですが、今日たまたま人が少なかったので
ちょうどそのとき話していたフレさんを誘い、来てもらえることに。


自分は決して人付き合いが上手な方じゃないので
ぜんぜん面識のない人同士(この場合はLSの人とフレ)の間に入るのがすごい下手です
相手はたった2人、しかも知らない人じゃなくてそこそこ話せる相手……のはず
でも1対1のときと比べて、明らかに頭の中での会話の処理が遅いんですよ

そうすると、終わってからいろいろ考えてしまうんですよね
あああのときのあの言い方は失礼だったのでは、とか
あそこはこう言うべきだったんじゃないのか、とか


PCが重いときアイコンをクリック連打してたのが、
処理速度が回復してから大量にウィンドウが出てくるみたいな感じかもしれませんw


もっとスマートに立ち回れるようになりたいなあと思いますが
スマートにできないことを恐れて結局何もしないタイプの人間なので
気にしすぎず、できるだけ素直な自己主張をできるように心がけてはいますが

難しいですね人付き合いは


960日前、FF14をはじめたとき、
ああこのゲームは難易度高いわ、と直感的に思いました

人付き合いの難易度です

ギスギスとかそういう話とはちょっと違って、
なんだろう、ポテンシャルが高いとでもいうのか

人付き合いの奥が深い、とそのときは感じました
難しいけど、上手くできたらすごく楽しい
本当の意味でのオンラインゲームだと


そのときの直感は間違っていなかったようで、
FF14の世界では人と人とのつながり非常に大きなコンテンツになっていますよね


もちろん各種のエンドコンテンツと同じで自分の能力の範囲でそれを楽しめばいいわけですが
このコンテンツを楽しめる範囲を少しずつ広げていけたらなーと思いつつ




今後もまったりやっていこうと思った初夏の夜






…これまた朝読んだら恥ずかしくなるんだろうなぁ









ffxiv_20170522_205536.jpg

960日目のベテランリワードがしょぼいんだけど吉田?
posted by uta at 23:58| Comment(2) | 百合(単発)

2017年05月28日

なんとかの弱み

170528.jpg

(こんなモテる女……)
(……好きになるんじゃなかった)

posted by uta at 21:00| Comment(0) | 百合(単発)

2016年12月08日

今ごろ

161207.jpg
「固定のみんな、クリアしたかな?」
「だね、先週の感じだといけそう」
「貴女まで休むことなかったのに」
「大事なヒラの看病も仕事のうち」
「…仕事熱心ですこと」

posted by uta at 06:25| Comment(0) | 百合(単発)

2016年12月04日