ご訪問ありがとうございます。
当ブログはFF14を中心としたMMOの二次創作ブログです。

二次創作・独自の設定・百合等が含まれます。苦手な方はご注意ください。



170828_01.jpg

2017年12月29日

アストラガロスの感想と改善(?)案

ffxiv_20171220_223354.jpg

姉弟属性とか全然ないのに、なにかこの2人には妄想ののりしろを感じる…





新PVP


さて中央ゲーといわれるバランスの悪さが問題になっているアストラガロス
自分もチョコチョコ参加しています


たしかに現状、最初に中央を占拠できるかどうかで勝敗がほぼ決してしまい、勝っても負けても一方的でちょっと面白くないですね
ロボに乗ったりできる設計自体はすごく面白いのでもったいない


自分も改善案というか、こうだったらああだったらみたいなことはいろいろ考えたりするんですが、最終的に行き着くのは、



・勝っても負けても報酬が同じ



これが一番いいかなーと
たとえばアストラガロスをやる目的の1つであるゴリラマウント

これを100勝だけじゃなくて100敗でももらえるようにする
いや単純に200試合消化したらもらえるでもOK

経験値やなんかも勝敗関係なく同じ


これだと勝ちの価値そのものが下がるので
中央やら固定やらの意味も薄くなるんじゃないかと

気にしなくて済むようになるというか…






中央の価値を下げる



ただ、もちろんこれだと


本気で勝ち負けを争う



という緊張感やドキドキ感みたいなものはなくなりそうなので
現実的にはもうちょっと別の方向性でも考えないとダメそうです


だとすると、



・負けている限り、ジャスティスはノーコストで無限に出せる




これくらいしてもいいんじゃないかなぁ?と思う
勝ってる側(=中央占拠でCEいっぱい)がチェイサー大量に出してジャスティスを倒してしまうんじゃ意味がないですし、なによりジャスティスが貴重品すぎると操縦が下手な人が気軽に乗れない

ロボが売りなんだから誰でも気軽に乗れる方がいいし、


「どうせ負けてるんだからどんどん乗れ乗れ!」
「全員1回は乗れ!」
「ジャスティス6体で突っ込むぞー!!」


みたいな方が楽しそう


あえて負けるという戦略が出てこないように、同点になった時点でジャスティスは消滅でいいと思います



強い人へのハンデ



これはコンテンツの方向性によりけりだと思いますが、
アストラガロスはすごくライトなPVP、という前提で考えます


相手PCを倒したときに上昇するテンション
これにデバフ効果もつけた方がいいのでは?

砕氷戦のときもアストラガロスも、倒したときに自チームが有利になるという考え方ですが

そもそもテンション10とか溜まってる人はそうそう倒されないから溜まってるわけで
特にバラバラ行動が多いこのコンテンツでは、倒したときにではなくて戦うときに、テンション低い側が有利になる仕組みが欲しいと思います

具体的には


・テンションが高いほどロボ戦では弱い
・テンションが5以上ではジェネレーターを操作できない
・中央エリアではテンションは0に初期化



などいくらでも妄想はできますが、


相手を倒せば倒すほど強くなる!

強くなればなるほど不利になる!

の2つを同時に入れないと一方的になるのは当然といえば当然なので、
あとは運営がそれをどう考えるか、という問題になりますね…




あとこの場合の強い人にはいわゆる固定PTも含まれるので、
より厳密にいくなら固定PTと固定ではないPTの判別も必要になります


これはもうフィーストと同様のレーティングみたいなものを内部で記録しておくしかないような気がする

それに基づいて
個人の、PT内の、レーティングの合計や平均が低い場合と高い場合とでは扱いを変えるしかない

テンションの上限下限が違うとか、溜まりやすさ、キャラやロボの攻撃力防御力を変えるとかまでいくらでも思いつきますが、


実装するのも大変そうだし、強い人の楽しむ権利を奪うことになるという面からみても、本当に最終手段という感じでしょうね。

今のところのPVPコンテンツを見る感じ、この固定PTを判別という方向からの調整はないんだろうなーと思います。




もうちょっとチョコチョコ調整して様子見てもいいと思うんですけどね
年末年始でやる人も増えるだろうし……


運営が今の調整でOKと思っている……わけではないと思いますが
とりあえず今後のバランシングが気になります




でも……なんだかんだですごく面白いですハイ
ぜんぜん期待してなかったのに、
べつにゴリラなんてぜんぜん欲しくないのに、
毎日1、2回は行ってます




……でもちょっと長いですよね、15分でいいと思うw
posted by uta at 14:01| Comment(0) | プレイ日記

2017年12月01日

完全なるただの駄文

気がつけば2か月放置

いよいよ寒くなってきましたね
シロガネの温泉が恋しい季節


以前書いた通り7月から仕事が変わったのですがその職場になかなか慣れず、
もう毎日ぐったりして帰ってきて全然絵なんか描いておりません
FF自体はやってるのですが


というかシロガネの温泉
自分はつい最近やっと見に行ってちょっと使ってみたりしてたのですが


いいです……良すぎです


疲れた心に染みる……


基本RPGに和風テイストは要らない派なので
シロガネ?フーンというかんじだったのですが、実装されてみればそこまで浮いた感じもしないし
妙に落ち着く感じはやはり日本人だからなのでしょうか


そんなシロガネにあって
大きさ的にも奥まってる感も、デートには最高の場所といってもいいのがあの2つの温泉だと思います
イチャイチャスポットの多いFF14ですが、冬場はあそこに勝てる場所はないのでは

昼間もいいけどやはり夜じゃないでしょうかねー
冬のこの時期、しかも夜
寒い中で熱い温泉というのが最高すぎる気が


あそこで2人でお湯に浸かって
今年1年の冒険を振り返ったり
来年は一緒にあそこに行こうかみたいなことを話したり

あ、流れ星!
エオルゼアの夜はホント星がきれいだよね

そうかな

貴女の方がきれいだけど


みたいな話をして、ハグとかDoteと照れるエモートでチャット欄を埋め尽くして

その後ハウスに帰って

コタツに入って待ったりモード
でも奥にあるのが妙に存在感のあるでかいベッド

お互い意識していないはずはなく、どちらからともなく歩み寄り
もう吸い込まれるように白いシーツにダイブ


よく干した太陽のにおいがするやわらかい布団と
ほんのり石鹸の香りがする髪と……肌


お互い目を合わせるのが恥ずかしくて
首筋に唇を押し付けて、柔らかい髪を鼻の先でかき分けて

少し早くなる呼吸と、押し付けられた胸から感じる早い鼓動
耳にかかる吐息が、私の名前を呼んだ
私はもう我慢ができなくて、彼女の……




みたいな妄想がいくらでも湧いてきそうです
それこそ温泉の湯のように


百合でもBLでもNLでも
ジャンル問わず使えそうな気がしますねあそこの隠れ湯は

だれか百合小説書いてくれないかなー;


FF14はBLはすごい数があるのに百合はほっとんどなくて寂しいです
SSは結構見かけるんですけどね百合ネタって

やはりSSが美しすぎるのがいけないのだろうか
正直SSを超える創作がなかなかできないのが、二次創作が少ない理由のひとつなのかなぁといつも思います



もう中身おっさん同士でもいいから百合ごっこしたい
むしろそれはそれで楽しそうな気もする

どこまでなりきれるか……恥ずかしがったら負け



そんな夜を、ぜひシロガネの温泉で……
posted by uta at 01:28| Comment(0) | プレイ日記

2017年08月29日

残暑お見舞い

申し上げます。


ここ数年、東京近辺は8月より7月のほうが暑い印象が強かったんですが、
今年は7月も8月もまんべんなく暑いという
夏バテしやすい夏だと思いますが、体調崩されたりしてないでしょうか



自分は7月から職場が変わったことによる気疲れと、8月入ってからの暑さでぐったりです

絵も描かずFFに入ればフロンとラインばかりやっていたせいで、
もともとないネタがさらにない

いつもは♂キャラのフレに♀キャラを出してもらい、コスタでエオ充ごっこをしたのが唯一夏らしい思い出です

いいかげんそろそろメインストーリーを再開せねば…
今シルフの仮宿のあたりなんですが、シルフはSSで見るのと実際自分で見るのとではぜんぜん違いますね
ララフェルもそうでしたが、
実物はもう可愛すぎて…なんなのあれは…w




あと、重要なお知らせがひとつあります


二次創作はやっぱり嫌いな人も多いだろうということで人気NPCは避けることにしていますが、
4.0がきてダンスカーに行く人は減るだろうということで、

スカアハ様だけ除外します

今までも少し描いてましたが、今後は特に断りなくトップに来る記事に載せますので
嫌だなと思う方はお手数ですがご自身で回避してくださいませ








170829.jpg

このあと影の手で…






そういえば日曜日、新生祭でウルダハの開始NPCところにいったら、
いつも読んでるブログの作者さんを発見

おおお、この方は…!?
っていう感動を味わったのはFFにきて初めてでした
FF14は鯖が多いのでブロガーさんも散らばってるし、イフ鯖はそんなに人多い方じゃないですしね


小心者なので特に声をかけたりすることもなく
TERAのときも思ったけど、こういうリアルな3Dタイプのゲームって知らない人に声かけづらいよね
現実と似た感じがするからなのだろうか

昔のラグナロクオンラインとか最近だとTOSでしたっけ、
ああいう見下ろし型の固定視点ゲームの方がなんでか声かけやすい気がします
目が合ってる感じがしないからなのかな…




そろそろ涼しくなってきそうではありますが、夏カゼ夏バテ等にお気をつけてお過ごしください。
posted by uta at 22:09| Comment(0) | プレイ日記

2017年08月08日

エオカフェ体験記


楽しみに見ているブログで以前


できることなら一人で行くな


と書かれていたエオカフェ。

eocafe05.jpg

自分の中で
このロゴのAとEを繋いでる部分が
エルシャダイでイーノックが持ってる剣に見えるせいでいまいちエオルゼア感がありません



一人で行くなと言われても、一緒に行ってくれる人なんかいない
という人も多いでしょう
そうじゃなきゃコンテンツファインダーなんか生まれないはず
自分も基本なんでもソロ申請なのでそんな人いません。

eocafe04.jpg

今日は別の用事で休みだったんですが、
その件はなくなってしまったので当日券を当てにして行ってきました

ちなみに一人で来てたのは自分入れて2人でした


ご存知の方が多いと思いますがエオカフェは基本的に予約制です
今回調べたところ、
11:30〜13:30、14:00〜16:00、16:30〜18:30、19:00〜22:00
の4回の部があり、入れ替え制です。
映画館みたいな感じですね。


朝の時点で「 1〜4人席 x2 」が空いてるとのことで
現地にすでに3組(2人・2人・1人)待ってたので
「 1〜4人席 x2 」 を4人がけテーブル2つと解釈するなら
こりゃ11:00の枠は無理かーと思ったんですが入れました。


しかもカウンター席に自分1人w
これは寂しいww

途中で外国の方が2人来たのでだいぶ気持ち的に楽になりました



そしてここの椅子はARTNIAと違って座り心地がいいんだけど
今度はカウンターが遠いw
茶碗みたいに持ち上げる食器の場合はいいかもしれませんが、
そうじゃない場合は食べ物が遠いww
特にスプーンですくったり、ナイフに乗せて食べるものは食べにくそうでした




で、肝心の食べ物
食べ物の写真撮るの苦手なのでタブレット画面の写真です。すっごい見にくいですがお許しください
きれいな画像は公式サイトへ

eocafe02.jpg
・シロちゃんに食べさせたい焼きたてフラットブレッド

これがすごくうまい!!

ソースがナッツ系と辛いトマト系の(名前忘れた)と2つ付いてくるんですが、
ナッツソースがほんのり甘くて香ばしくておいしい。カロリー高そうだけどw

ボリュームもデザート系食べるならちょうどいいと思いました。
大きい男性だと少ないかもしれない。
3周年記念メニューで期間限定?ぽいので、主食系に悩んだときにはぜひ

シロちゃんの実物みたことないんですが、LSの人いわく
「シロちゃんめっちゃいいこ」
とのことなので栄養のあるもの食べて元気でがんばってほしいですね



・タタル特製薬茶
eocafe01.jpg

甘いハーブの香りがするけど、味はさっぱりしたホットのお茶
タタルさん万能すぎる
油ものにも甘いものにも合いそう
食べ物2品だとポット1杯じゃ少し少ないかな


・タイタンの大地の怒りクレープ
eocafe06.jpg

普通のチョコバナナクレープ。普通においしい
真ん中にアイスが乗ってます

重大なネタバレ→ 「タイタンはモナカ


デザートは3周年記念のクロちゃんのやつ
eocafe03.jpg

と迷ったんだけど、
クロちゃんの方はこれ説明が書いてなくて何なのか分からないよねw
料理の説明があるべきところにクロちゃんの説明が載ってるという謎w




平日のせいか1/3くらいが外国の方でびっくりしましたが、
いま秋葉原自体が観光地だもんね
ついでに寄るにはすごい便利な場所にありますしね

そしてやはりカップル率高し
半分くらいカップルだったんじゃないかなぁ


エオカフェ自体がフロアの中央部分にあって、窓がないんですよ
外も見えない
だから1人でいくとやっぱり結構落ち着かない感じになりますね

ARTNIAと違って展示物も少ないので食べる以外にすることがない
パソコンが置いてあって普段はFF14で遊べるみたいですが
今日はメンテでできませんでした

トイレが店内になくて建物の共用トイレ(完全に別エリア)なので
トイレついでに一息つくのもいいかもしれません
自分は2回も行きましたw

やっぱりFF14仲間と来て、FF14の話しながら過ごすのが一番でしょうね


そうそう3周年記念のランチョンマット、
言われるまでもないかもしれませんが
あれをきれいに持って帰りたい人はポスター入れるケースなり、
ラップの芯みたいな硬い物を持っていった方がいいよ!

自分はそのままリュックに入れてたら(当然だけど)つぶれて折り目が…


3周年ってすごいなーと思うけど、
やっぱり食べ物がおいしいのが、地味に大きいのかなーと

正直味は期待してなかったけど
全部あのクオリティーの味なら他のも食べて見たいと思うもんなあ



今度は空いてそうな時期(があるのか謎だけど)にまた行ってみたいですね

今度こそグラタン食べよう

posted by uta at 22:16| Comment(0) | プレイ日記

2017年06月19日

PVP(フロントライン砕氷戦)に行ってみた

4.0までにレベル30が間に合わず、18日の朝にようやくナイトへ


楽しみにしていたPVPに行ってみましたよ!


キャラ対キャラの純PVPよりギミック処理中心のPVPが好きなので
迷わずフロントラインへ。

ffxiv_20170619_200304.jpg


フロントラインには

・砕氷戦(フィールド・オブ・グローリー) 制限時間 20分
・争奪戦(シールロック)制限時間 20分
・制圧戦(外縁遺跡群)制限時間 30分

の3種類あるようですが、今回行ってきたのは砕氷戦のみです

砕氷戦・争奪戦に両方チェックしてCF申請していたところ
砕氷戦だけずっとシャキり続けていたので、今はこれが人気みたいですね。


で、率直な感想としては、面白かったです
ちょっと試してみるつもりが、気がついたら夜までやってました

正直なところ、参加のハードルが下がってもコンテンツ自体がライト向けではないのでは?
と思っていた面もありましたが無用な心配でしたね


PVPで経験値が稼げるようになったせいもあってか、
昼ごろから夜まで常時2、3分程度のシャキ待ち時間で遊べたのも良かったです。




どさくさにまぎれて参加するなら今!!





以下、自分が感じたことなどをメモ程度に書いておきます。


◇良い点

・相手チーム(敵)の名前が見えない
・服装が自由
・一試合が大体15分くらいで終わる


相手チームのPC名は Knight WhiteMage Samurai のようにジョブ名のみ表示されます
相手のジョブが分かりやすいという点で自分のような初心者にはありがたいし、

相手の名前が見えるとなんとなく攻撃しづらい、という自分のようなタイプの方にはやりやすいと思います。
(追記:もしかして自分がPC名を非表示にしてるからで、実際には名前が表示されてるのかもしれません。今度行ったとき確認してみようと思います)
(さらに追記:PC名を表示にして参加してみましたが、やはり相手PCの名前は表示されずジョブ名のみのようです)

また突入時に着ている装備の外見だけがそのまま反映されます
ミラプリ等も必要なく、「この格好で参加したい」という格好をしておくだけでOKです



◇悪い点

・戦力が偏る可能性?
・CF利用のIDと同じなので人とコミュニケーションする時間が減る


フロントラインはグランドカンパニー同士の戦いです。
チームも基本的に所属GC別に分かれます。

この形式だと戦力が均等なうちはいいのですが
あるGCの勝率が高くなってきた場合、勝ちを求めて母集団(この場合はGC)
を移動する人が出てくるとしてもそれは当然です。

すると勝ってるチームはより勝ちやすく、負けてるチームはますます勝てない
という状況に陥り、コンテンツ自体が過疎る

…という可能性も無くはないように思いますが、
まだ1日遊んでみただけなので実際どうなのかは分かりません。




◇大まかな流れとルールのメモ

ゲームの中では特にルール説明がありません
(仮にあるとしても、それを見ずに突入できてしまいます)

なのでいきなり行って何をするのか分からないのが不安な場合は
公式ページを読んだ方がいいかもしれません。


基本的にやることは3つ。わりとシンプルです

@拠点を占拠する
Aを攻撃する
B相手チームのPCを倒す

@の拠点は開始場所から少し前方にあるモニュメントです
そばに立っていると

→中立→占拠

と状態が変化します。
相手の占拠した拠点も同じやり方で占拠できます。

Aのはマップ上にランダムに出現してメッセージが出ます
だいたい自分のチームの人がそっちへ移動しはじめるので付いていって殴ります

B氷のそばや拠点のそばでは奪い合いになり戦闘が起こります
またどこにも氷がないときにも、主に中央の広いところで戦闘が起こったりします


ナイトの場合は2つあるコンボで氷やPC殴ることでポイントが溜まり、「かばう」が使えるようになるようです。
ffxiv_20170619_205159.jpg
(ただしタイミングが難しすぎて未だに一度も使えたことがないのは秘密)


◇前提クエ受注

各都市にあるGC拠点のNPCから受注できます

ffxiv_20170619_204103.jpg

例:不滅隊の場合
ウルダハのエーテライトプラザの横、入り口の柱の前に立ってるララフェルから。
(ウルヴズジェイルのNPCは右奥です)



◇経験値

Lv30、EXP65,000くらいのキャラで16戦したところ、Lv35、EXP70,000くらいになりました

ffxiv_20170618_130517.jpg

一試合50,000〜60,000くらいで、Lv30で行くその日最初のレベルレと同程度でしょうか
(直前にLv30でレベルレに行った際、報酬EXPは55,000くらいでした)

Lvによって経験値が変化するのかどうかは分かりませんが、
少なくとも低レベルのうちはレベル上げにも使えそうですね。




◇個人的に便利だと思ったショートカット、カメラ設定

とりあえず、

・マップ:[M]
・マウントに乗る

はよく使ったので押しやすいキーに配置
(自分はとりあえずマップを[Z]、マウントを[G]にしました)


そして

・近い敵から順にターゲット:[Tab]

これが必須レベルで便利

ffxiv_20170619_200437.jpg

自分はジャンプをどかしてスペースに配置。

ふだんIDに行ってる人には当たり前の機能だと思うんですが、
自分は知らずに最初マウスクリックでターゲッティングしようとしてました


またカメラですが、
[ デフォルトモード ]だと相手の方を見ながら走って逃げられません
後ずさりだと遅いし、前に進むには前を向かないといけない(=相手が見えない)

なので[ レガシーモード ]にする方が自分は楽でした

ffxiv_20170619_200134.jpg

ただし、このモードは人によってはカメラ酔いしやすいと思うので
カメラの距離を遠めにするといいかも?


近いとフラフラ揺れて……PVPどころじゃ…


ちなみにレガシーモードに2つオプションがあるのですが、オンオフしてみても違いがよく分かりません
少しでも酔わないようにしたいので、遊びながらいろいろ試してみたいと思います。






以上、とりあえずのフィールド・オブ・グローリー(砕氷戦)の感想でした。


しばらくはレベル上げ需要もあってシャキりやすいと思うので
興味ある方は突入してみてはいかがでしょうか!

posted by uta at 21:06| Comment(0) | プレイ日記