ご訪問ありがとうございます。
当ブログはFF14を中心としたMMOの二次創作ブログです。

二次創作・独自の設定・百合等が含まれます。苦手な方はご注意ください。



170420.jpg

2017年05月19日

火曜の夜は

170519.jpg


24時間メンテでしたね。
やることがなくてボーっとロドストを眺めていると、気になるタイトルの日記が。



Titanサーバー⋆*✿ララフェル幼稚園☆スカアハおねーちゃんとお遊戯会のお知らせ✿*⋆



スカアハおねーちゃん……いいですね…
タイタンにいてダンスカーに行けるレベルなら行ってみたかった。
ララフェルになってスカアハおねーちゃんによじ登りたい。


日記の本文もすごく丁寧に書いてあって、読むだけで楽しめました。
言葉のチョイスもすごく雰囲気が出ててイイ…
幼稚園とか保育園って、子供たちをお友達って言うよね、あれなんでなんだろw
おねむの時間っていう表現もほっこりして大好きですw






さて、
最近は調理師をやりつつ、メインストーリーを少しずつでも進めるべく毎日ちょっとずつやってます。
英語が得意なわけではないので読んでると英語疲れしてしまい、だいたい会話1回分ずつくらいしか進みません。
でも2、3か月放置してた時期もあったのでそれよりは全然マシなはず。
少しずつでも進めばいつかはイシュガルドに到達するだろう……



余談ですが、日本語と英語ではカットシーンのCVが当然ちがいます。
個人的にヤシュトラは日本語バージョンが好きで、あのちょっと投げやり?な感じの声がセクシーだと思います。
サンクレッドも日本語が好きかな。


逆に英語の方が好きなのはイダとナナモ様。
イダはどちらも声の雰囲気が似てる気がするので、日本語のイダが好きな方は英語も好きそうな気がします。
個人的に好きなのはシルフをギザールの野菜みたいだと説明するところ。
ナナモ様の英語はスピーチがめちゃくちゃ流暢です。流れるような発音でカリスマ性高そうw



CV付のカットシーンが紀行録に登録されたら、いつもこの聞き比べが楽しみのひとつになってます。
もちろん英語はまったく聞き取れませんが…




この拡張前の時期、本当にやることなくてヒマだなーという方がもしいたら、サブのクエストを英語でやってみるのも面白いかもしれません。


ffxiv_20170118_193013.jpg
ちょっとしたクエストタイトルが無駄にかっこよかったりw

posted by uta at 22:05| Comment(0) | プレイ日記

2017年05月13日

エレオス生活


FF14を始めてから2個目となる幻想薬をパリン。
メスラ→エレオスになりました。

170513.jpg



TERAをやっていたときは細長いキャラは使いにくいと感じていたんですが、FFだとなぜかあまり気になりません。
むしろIDなんかでは大きくて見やすい。


エレオスはエモがいいですね。
拍手がやる気なさそうなのだけちょっと引っかかるけど…
エモートが好きでエレオスにした面もあるくらいで、やはり男キャラの方が自然にエモが使えてイイ。
アウラはほんとに女の子女の子してたから余計にそう感じますw




ただ服装はけっこう難しいですねー…
すらっとした長身で何着てもかっこいい……と思いきや、意外と似合うと感じる服装が少ない。

もちろん自分のレベルだとほとんど選択肢がないので当然なんですが、男女兼用の装備はやはり女性キャラに似合うように作られてると思いました。
クラフターのスモックとか、女性だとかわいいけど男性だとどうしても着せられてる感がw


そして髪型も難しい。
顔は決まってからも髪形でかなり悩んでた気がします。
腕や肩周りがかなりガッチリしてる割には頭が小さすぎるんですよねー。
だからボリューム多め=長めの髪じゃないとバランスが悪いような気がしました。


服装もやはり腕がかなり目立つので短い半袖や袖なしは難しそう。

初期服は七分丈くらいの袖ですが、これくらいが使いやすくていいかな。
ただ染めるとなぜか革?の部分が黒くなってしまい、謎の使いにくさ


幻想してから2、3週間になりますが、
エレ♂の体型は肩はそのままでもいいから
二の腕?はもう少し筋肉少なくてもいいんじゃないかなーと、個人的には思いました。







そしてエレオスをやってみて今更ながら

アウラってかわいかったんだなー

と気づいてしまい、早くも戻りたくなってる自分が。


1年半もアウラだったのに、絵に描きたいという欲求もそれほど湧いてこなかったし
アウラの自キャラが好きという感覚はほとんどなかった。
なのでけっこう意外でした。
絵の参考に撮ってるSSはほとんどメスッテですしねw

今後はもう少し絵に描いてあげたい……。





最近は調理師が45レベルを超え、そろそろ50レベルでできるようになるミラプリを意識しはじめました。
しばらくミラプリで遊んだらまたアウラに戻るかなあ。
でもルガメスにも一度なってみたい。





人はこうやって幻想薬にはまっていくのですね……

posted by uta at 23:22| Comment(0) | プレイ日記

2017年05月05日

書き出しの言葉

間違えて下書きを公開しておりました。
大変失礼しましたorz

夜中の眠いときに操作するもんじゃないですねorz

今更ながら、公開する内容じゃないなと後悔してますが、
一度出してしまったものを引っ込めるのもどうかと思うのでそのまま置いておきます。

----------------------------------------
----------------------------------------


いつもほんとに内容がない当ブログですが、今日はもはやFF14関係ないです。


こんばんは!


最近、この挨拶は書かない方がいいのではないか、と悩んでおります。
なんか、書きたいことがあってもこの挨拶を書くとそこから先が書けなくなってしまうんですよね。
勢いがなくなるというか、方向がズレてしまう感じ。


以前書いてたTERAというゲームのブログを読み返してたら、なんか今よりのびのび書けていて、それがかなりショックでした。
ゲーム自体はFF14の方が好きなくらいなんですけどね…。

でも、そっちのブログでは書き出しの挨拶は書いてないんですよ。
だからこっちも、挨拶をなくせば……



もっと気負わずのびのび書ける……



自分も気負わずに、読む人も読みやすい文章が



書ける!!





わけないぃいいぃぃぃ







どうしてだろう



本当にどうしてなんだろう



FF14は好きだ



なのになんか、クラス替えした直後の教室のような、そんな緊張感というかアウェイ感がいつまでも消えない。
絵もダメです。何かがよくないと感じる。
描きたいことがはっきりしてないせいで、技術的な部分にばかり目がいってる気がします。

TERAのブログを書きはじめたとき、絵はうまくいかなくてもいいから描きたいことを描こう、という気持ちでいたのを考えると、今はまさに正反対。
どうしてこうなった。



じつは、自分なりにいくつか思い当たる原因があります。


@ 絵が雑

なんで雑かというと、雑じゃなく仕上げるべき点が自分の中でもはっきりしてないんだろうな、と思います。
上で書いてることと同じですね。
TERAのときはもうちょっと、ここだけはこうしたい、というのがあったんですよね。逆に技術的なことは気にしてませんでした。



A メインクエが進んでない

やはりゲームのブログを書く上で、メインストーリーを進めていないというのは邪道なのかもしれません。
シーズナルイベントは別としても、新しくできた○○に行ってきました的なことが書けないですしね。
アウェイ感はたぶんここからきている。



B 面白く書こうとしている

これが意外と大きい。
FF14をはじめてからいろんなブログやロドストの日記を読みましたが、とにかく文章が面白い方が多い。
今までやってきたゲームでは、面白いブログを書ける人というのはせいぜい数人。片手で数えられるくらいでした。
FFは違う。

だから自分も、面白く書かなければと思ってしまう。
面白く書こうと思ってはいけないと意識していても無意識が、面白く書かねば、と思ってしまう。

そうなると自分の自然体な文章からはズレていくし、だから自分自身もなんか落ち着かない。




ここまで書いてきて、やはり自分の日記の気分というか流れは絵が作ってるんだろうな、と思います。
挨拶があるとかないとかじゃない。

書きたい内容があったときに、それをスーッと出していくのに絵が必要なのかもしれない。
いわば助走ですね。勢いづけというか。
それがないと、文章は途中で失速して方向を見失うし、何が書きたいのかも分からなくなってくる。

そんな気がしました。


それを発見するためだけの記事でした。



これ、最後まで読んでくださった方はほんとにすみませんorz
そしてありがとうございます。

posted by uta at 02:19| Comment(2) | その他

2017年04月28日

今更…

こんばんは!
モグモグキャップ・イエローポンポンを装備したララフェルがかわいすぎて撫で回したい昨日今日です。

最初、イエローポンポンじゃなくてボンボンだと思ってたんですが、帽子についてるああいう丸いのってボンボンじゃなくてポンポンが正しいのでしょうか?
それともモーグリの頭の上の丸いモノがポンポンという名前で、よく子供の帽子についてるボンボンとは別物なのでしょうか。
謎です。


・今更ながらスカアハ様にハマる。

新生編をクリアしてない自分は当然ダン・スカーには行けないわけですが、3.5が実装されてからというものロドストやブログで時々見かけるスカアハ様のSS。
それだけでは足りなくてBGM鑑賞を兼ねて動画を見たり(BGMもいいですよね)、他人様のアパルトメントに無断侵入してスカアハ様の置物のSSを撮影したり。
それを見て絵を描いてみたりしているうちにすっかりスカアハ様の虜に。
(絵はモンスターカテゴリに少し置いてあるので物好きな方はどうぞ。イメージが壊れるのが嫌な方はスルー推奨)

最近はたぶん色合いのせいだと思いますが、ヘイスティタッチのアイコンがスカアハ様の手に見えてきてしまいました。重症。

170427.jpg

どうせならアイコンもこういう感じにしたい。



・今更ながらイシュガルドベンチ。

161223.jpg
(ノートPC設定になってるのは標準設定だと重いからで、PCはデスクトップ)

そして必要動作環境を満たしてなかったことを知る。

以前ロドストである方が


紅蓮のリベレータの仮必要動作環境からの相対グラフィックカード比較



という記事を書かれていて、それを見たところ新生エオルゼアの必要動作環境はRADEON4770以上。
うちのは4600番台なので、たかが100数字が違うだけだと思っていましたが差は大きいようです。

自分はPCは自作派なんですが、いまのグラボの製品名は本気でわけが分かりません。
古いチップのリネームというのもあったりするらしく、最近のではRADEON R5 230なんかがそうらしいですね。
これは4600シリーズよりさらに性能が低いチップのリネームだとか。
なのになんか最近のRADEONぽい名前がついてるのはどうなんだろう…。

もうちょっと素人が見ても性能を読み取りやすい製品名にできないのだろうか…。
あるいは箱に性能表載せておくとか。



ただこの "やや快適" という微妙な表現は結構当たっていて、普通にプレイする分は全然問題ありません。
4人のIDは普通にいけますし、少人数で集まって話したりする分にはぜんぜん問題ない。
景色も自分的にはきれいだなーと思って楽しめてます。

ただ今後8人IDとかになってくるとどうなのかなという不安もあり、安くて必要動作環境越えてるグラボを探してるのですが…

無い

もともと自分はグラボのファン音が嫌いでファンレス派なのですが、いまファンレスのグラボって全然ないんですね。
セミファンレスというのもあるみたいですが、いずれにしても選択肢が少ない&高い。

とりあえずは4.0が実装されるまで待って、今より重くなるか、8人IDとかで無理が出てきてから改めて考えようかなあ。



いま、ロドストのこの方の日記を読み返してたらGeforceの方がファンレスの選択肢がありそうですね。
RADEONから乗り換えも視野に入れるべきか……


posted by uta at 00:40| Comment(0) | プレイ日記

2017年04月21日

雑記

こんばんは!


だいぶ放置してましたが、ゲーム自体はやってました。
3.5どころかもう3.57まで実装されましたが、皆さんはどんなエオルゼアライフをお過ごしでしょうか。


自分は相変わらず釣りをして、調理師も始めたところそっちにもハマり、今もミンフィリアを待たせたまま釣竿とフライパンを振り回してます。
特にFF14の料理は実際食べてみたいと思うほどにおいしそうなものが多いことに感動してます。
ちょっとずつ絵にも描いて、↑のスペースに入れ替えていけたらいいな。
ちなみに今回のはチーズスフレです。


放置期間のことも覚えてる部分は記憶の中から発掘して(また放置しなければ)あとで書きたいと思いますが、先に最近の話題から。





最近の話題といえばやはり、光のお父さん。



ドラマの放送が始まったそうで、FCメンバーの間でも話題に上がっていました。
ロドストのいろんな方の感想を見ていても結構面白そうで、テレビを見ない自分もちょっと気になります。



自分は原作のブログ記事を途中までしか読んでおらず、前述のようにテレビを見ない人間なのでドラマの視聴予定もないのですが、
もし光のお父さんを見て(もちろんそれ以外の理由でも)FF14を始めたという人が周りにいたら、なにかの手伝いをしたいとは、すごく思います。


もちろん釣りと料理しかしてない自分がゲームの進行を手伝うことはできないので、なにか手伝えるとすれば、オンラインゲームって、FF14って楽しい、と感じてもらえる手伝い、になるのかなーと。



それってたぶん、原作のブログが持ってるテーマのひとつですよね。


もちろんしたいかどうかとできるかどうかはまた別の話ですが、できるというのはしたいの先にあると思います。
光のお父さんの一部しか楽しんでいない自分でも、こういう形でいい影響をもらえるっていうのはすごいことだし、嬉しいことだなあと。


光のお父さんという作品を見て、FF14を始めてくれる人、そして続けてくれる人が増えたら本当に嬉しいです。

それしかいえないんだけど、本当にそう思う。









あ、グングニルにキャラが作れないときはぜひイフリートへどうぞ!w

posted by uta at 00:09| Comment(0) | プレイ日記